Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>
Search
Category
Archives
New Entries
Profile
Links
BOOKS
Twitter
Recent Comment
Recent Trackback
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
甲低幅狭の人。
0
    今日は銀座の靴屋でお買い物。
    秋頃に某SNSで知った、幅狭靴の置いてあるお店「銀座かねまつ」銀座6丁目本店へ行ってきました。

    以前はゆったり履きやすい靴が好きで、HUSH PUPPIESを愛用していた樹ですが、一度銀座のHUSH PUPPIESのお店に行った際に、おもいっきり「あなたの足は幅が狭くて甲もないのでうちの靴は合いません」と宣言されてしまったことがありました。

    確かにどのメーカーの靴を履いても、縦のサイズを合わせると幅が余ってしまい、甲でしばって押さえる紐靴以外は、中敷を入れて無理矢理調整していたのですが、それが当たり前すぎて、みんなそんなもんなんだと思っていました。

    が。
    考えてみれば、HUSH PUPPIESのように、E〜3Eで広い方へ広い方へとワイズ展開しているメーカーがあるのだから、細い方へとワイズ展開をしているメーカーだってあるはずなのです。

    多分、そう考えたきっかけはたまたまネット上をさまよっていて見つけたブログで、細身の靴の話を書いている人がいたことだったかと思いますが。
    某SNSでコミュニティを検索すると、やっぱり同じ悩みを持つ人は世の中沢山いるわけで。
    大抵の人は、私と同じような経験をして、もうインポートものかオーダーしかないのかなあ、でも高いしなあ、と半分あきらめている感じ。
    そんな中、このお店なら幅狭さん向けにブランドを展開しているよ、という情報を発見。
    それが、「銀座Yoshinoya」銀座4丁目店と、冒頭の「銀座かねまつ」銀座6丁目本店でした。

    Yoshinoyaは、地方のデパートにも入っているくらいのお店で以前から知っていましたが、細身の靴を作っているのは初耳。
    それもそのはず、銀座4丁目店でしか扱っていないというのだから、地方にいては知らないのも当たり前。

    秋に1度、覗いて見ました、銀座4丁目店。
    元々Yoshinoyaは、高級、というイメージがありましたが、やはり安くはないですね。
    幅狭の靴は、「hossorina」という名前で展開していました。
    若者向け、と銘打ったブランドも展開しているものの、細身の靴はあまり数がなく、おしゃれな靴よりは、落ち着いた感じ、というものが多かったです。
    仕事用の靴を求めて立ち寄ったので、無難な感じのパンプスでいいや、と試しに履いてみたら、それでもまだ甲が余ってしまいました。
    ちなみに、hossorinaで扱っているワイズはC。
    店員さん曰く「お客様はBでもいいと思います」・・・さ、左様ですか。。。

    続いて行ってみました、かねまつの6丁目本店。
    こちらは、「MISS SLENDER」という名で、ワイズB〜Cを取り扱い。
    元々かねまつの靴は、ワイズDが基本だそうで、全体的に細身なんだそうな。
    試しにCのパンプスを履いてみたところ、やっぱり甲が余って、前に滑ってしまい、「Cでは大きいですね」と言われてしまいました。
    Bも試しに履いてみようと思ったんですが、気に入ったデザインのものがあまりなく、あっても、今度はサイズがなくて断念。
    季節柄、ブーツが主流になっていて、パンプスの数が少なかったようです。

    そして季節はめぐって、春(前置き長っ)。
    最近寒いけど春っていったら春です、ブーツの季節もそろそろ終わりです。
    かねまつでは、秋に行った時よりもスペースを取って、ワイズBの靴を陳列していました。
    そして履いてみた、一足の黒いパンプス。

    こ、これは・・・っ。
    いまだかつて、こんなにしっくりくる靴に(サンダル以外で)めぐり合ったことがあっただろうかっっ。

    ストッキングで若干滑って前には行くものの、今までのように、つま先がぶつかって止まる、というようなことはなく、かかとも細く作ってあるのでしっかり収まって、歩いても抜けないすばらしさ。
    それでも店員さん曰く「ちょっとゆるいので、中敷で調整した方がよさそうですね」
    ・・・って、私の足ってどんだけ薄いんだ・・・orz
    Bでもいい、と言われた足は、実はAでもいいくらい?
    土踏まずがなくてぺったんこ、というわけでもなく、アーチはちゃんとあるんだけど、その先が薄いのよね。。。

    とにもかくにも調整してもらって、それでも滑るようなら後は滑り止めの中敷を入れてみてください、とのこと。
    革がなじんで伸びてゆるくなってきたら再度調整してもらうということで、購入しました。
    早速明日から仕事に履いていこうっと。
    posted by: 樹@管理人 | 幅狭 甲低 | 22:23 | comments(5) | trackbacks(0) | - |
    こちらに書かれているよしのやでずっとオーダーしています。ですからパンプスに関しては、皮さえ選べば作ってもらえるのですが、スニーカーではないウオーキングはオーダーできないので困っています。eccoやGeoxできいてみましたが、海外物も日本人用に作って販売しているため、幅広とのこと、アシックスの歩人館でも聞きましたが、たまには出るとのこと、秋口にチェックしてみようと思います。
    | min | 2010/07/11 9:38 PM |
    こんばんわ。

    アルカという靴屋さんでは、幅Aから揃えてますよ。
    デザインは全体的にコンサバですし、価格も
    高めですが、靴を選ぶ前に本格的に足を計ってくれて、
    同じワイズAの靴でも、どのタイプが足にあっているか
    見てくれたりまします。
    東京以外にも関東圏で展開しているはずです。
    ご参考までに。ちなみに、私はワイズBで、以前は同じように中敷きと縁の切れない生活でした。
    いまでは、アメリカへ行くことが多いのでその時に
    購入しています。アメリカの靴は、幅がナロー(A)、ミディアム(B)、ワイド(C)です。なので、幅Bが標準です。アメリカの靴を通販で試してみるのもてかもしれませんね。
    では、では。(^-^)/~~
    | まきこ | 2009/07/10 8:00 PM |
    ホソノの靴なら大丈夫ですヨ。
    青山(表参道交差点近く)が本店で自由が丘などにも
    店舗あります。
    私もAの24.5と言われて既製品は日本ではここで買うしかないと思ってます。ちょっとデザインが物足りないのですがキャリアオバサンになりつつあるので受け入れています。 誕生日月とセールの時は結構安く手に入るのでまとめ買いします。
    | YUKO | 2008/10/04 8:59 PM |
    >たこ麗子様
    書き込みありがとうございます。
    フルオーダーの靴って高いですよねえ。
    市販だったら2足買える値段ですもんねえ。
    yoshinoyaのhossorinaセールの葉書、うちにも届きました。
    でも、hossorinaでも私の足には若干甲が余る・・・。
    かねまつはyoshinoyaのすぐ近くですので、はしごして覗いてみてください。
    オーダーも扱っていて、3万円前後で作れるようですよ。
    惜しむらくは、おしゃれな靴はあるけど、カジュアルなデザインが少ないというところでしょうか・・・。
    | 樹@管理人 | 2007/04/03 10:31 AM |
    はじめまして。
    私も甲が低く幅の狭い足で、合う靴がありません。
    先日オーダーメイドで作ったのですが、4万円。
    庶民には痛いお値段で、デザインも限られています。
    困った。
    無理を承知であちこちで聞いて回ったところ「yoshinoya」から「hossoriuna」のセールはがきが届いたところです。
    そして検索してこちらに。銀座には、銀座には甲低幅狭にやさしい靴屋さんがあるのですね!
    目の前がぱあああっと明るくなった思いです。
    | たこ麗子 | 2007/04/01 4:50 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://diary.tongtong.info/trackback/122440
    トラックバック