Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Search
Category
Archives
New Entries
Profile
Links
BOOKS
Twitter
Recent Comment
Recent Trackback
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
倫敦に行きたいのです。(映画「シャーロック・ホームズ」ちょっとネタバレ?)
0
    最近、水曜が定時退社日になったので、会社帰りに映画を見始めました。

    先日は「Dr.パルナサス」を見に行きまして。
    これがなかなか面白かったのです。
    まあ、基本的にイギリス人俳優が好きなのと、不思議な世界観が好きなのでマッチしたというか。

    そんでもって、今週は、ついにあれですよ、あれ←あれって何だ。

    私が小学3年生の頃からの心の恋人(笑)、世界の名探偵の映画を見に行ってまいりました。

    前情報として、これはミステリーとかサスペンスとかではなく、娯楽映画、というのがあったので、正直あまり期待はしてなかったんですけど。

    思っていたより、はるかに面白かったです。個人的には。

    ぶっちゃけ、ドイル作品のキャラクターと世界観を使ったキャラクターアクションムービーなんですけど。
    そのキャラクターの描かれ方が意外とよかったという。

    主人公であるホームズの観察力の描写もよかったけど、事件がない時の駄目っぷりの描かれ方が、いまだかつてない感じで非常によかったなーと。
    なんていうか、マダオ的な(笑)。
    むしろそっちが強調されすぎな気もしなくもなかったけど、それはそれでありかなという。

    でも、非常に残念だったのは、分かってはいたことだけど、演じている人がイギリス人じゃないということ。
    非常にアメリカンなかほりのするホームズでした。

    全体的にイギリス人の起用が少なかったというのが、残念だったなあ。

    そんな中、頑張っていたのが相棒ワトソン。
    ジュード・ロウ。
    かっこよすぎだろ。

    ちょっと血の気が多くて、行動力がありすぎて、体育会系かと思いきや、そこは医者なので頭もいいし、知識もあってホームズの役に立っちゃうという素晴らしさ。
    原作のワトソンは常にホームズ頼みだっていうのにね・・・。

    そして何より。
    ジュードは生粋の“英”語を話すのですよ。生粋の英国人ですからね。
    きゃー。
    ブリティッシュイングリッシュ。素敵過ぎるラブ

    未だかつてないホームズには未だかつてないワトソンで。
    二人の友人関係も、いい感じなんですよね〜、これがまた。
    ・・・ええ、完全に腐ったフィルター越しに見てますけど何か。。。

    ホームズ映画見て、銀魂本のネタ思いついてるなんて我ながらおかしいだろ、と思うけど、思うけど〜〜。

    え、肝心のストーリーについて触れてないって?
    だから、アクション映画なんですってば。
    ストーリーは、別にどうってことないのよねたらーっ

    まあ、後は、きっと続編に出てくるであろう、“M”の存在が気になるところですかね。
    ホントにブラピなのかね。むしろやめて欲しいけど。。。



    さて、次はアリスかな〜。
    posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://diary.tongtong.info/trackback/972482
    トラックバック