Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Search
Category
Archives
New Entries
Profile
Links
BOOKS
Twitter
Recent Comment
Recent Trackback
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
引越します(2月になりました)。
0
    夏に書いた引越しの話ですが、気がついたらもう決行の時期になりました。

    前回書いたバタバタしているという理由はこれです。
    そんなバタバタの詳細を記しておきましょう(今日は長いよ)。



    どこに引っ越そうかずーっと悩んでいたんですが、理想の広さと都内の相場と住みたい場所で候補を絞り、年末に決断をしました。

    場所は、東京の東の外れ。ちょっと行ったらもうそこ千葉っていうところ。
    ...皆にね、「千葉の植民地」とか「チーム千葉」とか言われるけどね。
    23区だから!一応!(一応っていうな)
    有明には正直、行きにくくなるけどね。
    もう、そこは諦めたよ。あそこに行きやすい場所なんて高くて住めないYO!
    その代わりと言っちゃなんだけど、夢の国はめっちゃ近いよw バスで20分くらいだよ!
    え、会社? まあ通勤は今+5分くらいなので、そんなに変わらないかな。

    閑話休題。
    正月明け、実家から戻った翌日4日に、現地に行って不動産屋へ。
    そしたら、正月明けすぐだったもので、休みの店が多くてね。
    開いているところだけでも何件か回るつもりで、割と大手の不動産屋さんにとりあえず入ってみました。

    大手の不動産屋に行くと、大抵まず希望を紙に書かされて、その会社で管理している物件で希望に近いものが出てきますよね。
    でも大概何か条件に合ってなくて、他の会社管理のものを調べてもらってまたいくつか出してもらって、その中で何軒か見つくろって鍵の都合がつけば見に行って、また戻って調べて、なければ他の店も回って...という感じ。

    今回もそうなるかなーと思っていたんですけど。
    これが、その会社で管理している部屋だけで何軒か条件に合いそうな物件がありまして。
    すぐに鍵と車を手配してもらって、内見。
    4件回ったんですが、一番最初に「ここお薦めですよ」って言われて出された物件が一番よかったので、もうそこで即決しました。
    優柔不断な私にはあり得ないくらいの超即決。

    ...今思うとね、その日も寒くて、もう回るの嫌だったからっていうのもあると思うんだけどね(オイ。

    今回重視したのは、金額と広さはもちろんあったけど、何より「新しい」こと。
    今の部屋が古過ぎて、ぼろ過ぎて(失礼)、とにかく冬場、隙間風で寒い!んです。
    お風呂もユニットじゃないタイル張りで古い感じで、入る気なくすくらい寒いし。
    トイレバス別じゃないからトイレすら寒いし。
    寒いの大っ嫌いなので、次はとにかく新しくて防寒がちゃんとできそうなところに住もう!と心に決めておりまして。

    これが、お薦め物件がぴったりだったわけです。
    築8年のオートロック1LDK(初めてだなーオートロック)。
    駅徒歩10分以内(今よりは遠いけどまあこんなもんよね)。
    お風呂は浴室乾燥機と追い焚き付のユニットバス(あったかいお風呂バンザイ)。
    洗面台も新品の独立洗面台(今はお風呂場にあってほぼ使ってない)。
    キッチンはカウンターキッチンで、収納も充分。コンロはガス(IH嫌い)。
    収納はウォークインクローゼットがあって、色々隠せる(ここ重要)。
    駐輪場もあるので自転車も置けるし(全然乗ってないけど)。
    これでお値段は今の家賃とほぼ変わらず。なんという理想的な!

    もちろん、完璧理想通りとはさすがにいかないので、妥協もしましたよ。
    今回妥協したのは、広さ。
    今と同じ1LDKだけど、1部屋部分が今よりだいぶ狭いです。
    まあウォークインクローゼットの分部屋に直置きするものも減るし、宿泊客2人まで想定で布団3枚ギリ敷ければオッケーなのよね。
    狭くて寝れなかったら1人リビングでどうぞっていう(お前が寝ろってねハイスミマセン)。

    そもそも宿泊客ありきで部屋探すなって言われますけど。
    いいじゃないか。基本自分ちに人呼ぶの好きなんだよう。

    後は...ベランダが狭いのと南向きじゃないので、洗濯物干すのはどうかなーというところですが。
    浴室乾燥機あるしいいかなって。

    そんな感じで決めて、翌週末には契約。
    契約手続きのための住民票とか納税証明とか、水曜定時上がりで区役所の時間外窓口行って貰って。
    最近は便利だね。平日休まなくても役所の届けとかなんとかなるもんね。

    そして迎えた契約日は、1月14日成人の日。

    ...そう、あの、東京が記録的な大雪に見舞われた、あの日。

    起きたらもう、外白いジャン!
    大晦日に実家帰って元旦起きたら外真っ白だったっていう雪国新潟みたいなことが、都心で起きるなんて!!

    まず真っ先に心配したのは、電車、ですよね。

    だって。
    最寄駅は東西線なんだよう。
    地下鉄とは名ばかりの、半分地上を走っているあの東西線なんだよう。
    雪なんて超危険じゃないか!

    と思ったら、西の地上部分(中央線)をソッコーぶった切って、多少の遅延はしていたもののちゃんと動いてました。
    ありがとう東西!

    でも東側も止まるのは時間の問題かも...とビクビクしながら昼イチで不動産屋へ。
    何とか時間通りに辿り着いて、無事契約を済ませました。

    ...急いでいて家から数十メートルのところで雪で滑ってすっ転んだ雪国人がいたことは内緒DEATH。内緒ですったら。

    あの日、部屋探しで対応してくれた店員さんが、「今日は連休で遠方からもお客さんいらしてるんですけど、この雪で車出せなくて、内見全部歩きなんですよ...」とぼやいていました。
    ですよね。車はスタッドレス履いてないし雪道運転もできないしのダブルで無理よね、普通。
    部屋探し、あの日じゃなくてホントによかった...(完全に他人事)。

    そして、本日(ってもう日付変わってるけど)、引越し業者の見積もりを取りまして。
    今まで大手の業者に頼んだことなかったんだけど、会社の福利厚生で割引がある業者がいくつかあったので、それを使うことに。

    最初に来た業者がね、営業さんが関西人でね。
    なんていうか、会社の人と会話してるみたいな感じで、結構色々言いやすくてですね。
    もともと福利厚生で20%OFFっていうサービスだったんだけどね。
    最終的に、値切って3割引きくらいにはなったのかな。
    前に大手じゃない業者使った時と同じくらいの値段まで下げてもらったので、もうなんか相見積取っても安かろう悪かろうになりそうだなーと思ってね。

    即決。

    残りの業者さんには、都合が悪くなったので、とお断りしました。
    なんか、もう引っ越しも東京来て4度目(!)なので、なんとなく業者の相場も分かっていて。
    相見積取るまでもないというか。

    あ、何が何でも最安値の業者がいいっていう人は相見積もりは必須だと思うけどね。

    そんな感じで、引越しの日取りも決定しました。
    2月10日の午後。
    午後便だと時間がぶれるから若干安いんだよね。
    午前便は最初に提示された額自体が2万程高かったよ...。
    いつもは午前にするんだけど、その日はちょうど午前空いてなかったみたいだし。
    連休中日だから多少遅くなってもね、翌日も休みだしね。

    ...片付けの時間が少しでも長く取れる方がいいじゃないか...(本音)。

    ちなみに業者は、あれです、パンダのマークのところです。
    ネットで評価色々見たけど、まあ賛否両論なので、値段次第では一度使ってみてもいいかなって思ってたのでちょうどよかった。

    というわけで、いよいよ引越し本番です。
    鍵の受け渡しは来週末。
    部屋の間取りを測って、家具の配置決めなきゃ。
    最近はiPhone・iPadアプリで間取り図作れる便利な世の中なので、楽ですね。
    昔はメジャーで測って手で図面描いて、家具のサイズの紙切ってパズル作ってたよ。
    まあ、そういうの好きだし得意なんでいいんだけど、アプリだったら外でもできるもんね。

    後は電気ガス水道とネット会社に連絡して...
    役所と郵便と免許...

    こういうのはもう慣れたもので、何すればいいか大体分かっちゃってる自分が恐ろしいわ。
    普通そんなに慣れることじゃないんだろうけどね。

    引越し当日まで後2週間。
    一番の問題は、片付けなんだよ〜。

    今週来週はできるだけ残業減らそう。帰れる日は帰ろう。
    と心に誓って、今日は寝ます。
    posted by: 樹@管理人 | 日常 | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://diary.tongtong.info/trackback/972527
    トラックバック