Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Search
Category
Archives
New Entries
Profile
Links
BOOKS
Twitter
Recent Comment
Recent Trackback
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スーパーファミリー。
0
    映画「Mr.インクレディブル」を見てきました。
    なんていうか、どこら辺がディズニーよ、っていうくらいディズニーっぽくないのは予告を見た時点で承知していたのですが、いかにも米人が好きそうなネタで、私は大変満喫いたしました(笑)。
    スーパーヒーローがどれだけ苦労して世を忍ぶ仮の姿を維持しているか、異端であることがどれだけ大変なことか、と深いテーマを投げかけているようで、最終的には結局『スーパー』であることは素晴らしい事だ、ついでに家族って素晴らしい、という単純明快な結論(笑)。
    それぞれの個性がハッキリしているキャラクターと、その彼らの特殊能力をしっかりと表現したCG。
    あれだけ笑えて、それでいて最後はきっちり感動もさせる、さすがはピクサームービーといったところでしょうか。
    前作「ファインディング・ニモ」は微妙だったけど、今回は文句なしです。

    ディズニーとの提携を解消して行く末が心配なピクサーですが、今後もどんどん面白い映画を配信してもらいたいものです。


    全然関係ないけど、今日は成人式でしたね。
    夜になっても街には振袖を着た新成人がウロウロしてました。
    ・・・遊ぶなとは言わないけど、着替えてこいよ・・・。

    posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    急行『北極号』の謎(微妙にネタバレ注意)。
    0
      天気も悪く気温も低く、外出するには最悪だった本日、ラーメンが食べたいばっかりにわざわざ銀座まで出かけてしまった樹です。
      Jが友人に話を聞いてきた博多とんこつのお店だったのですが、朝からネットで調べて写真眺めていたら食べたくなったのでした。
      普通のとんこつラーメンをものすごく久しぶりに食べましたよ。
      でも、今日の話のメインはそこじゃないので詳しくは割愛。

      折角銀座まで出てきたから映画でも見て帰ろうか、ということになり、映画館へ。
      やっている映画から選択したのは、フライング気分でクリスマスムービー「ポーラー・エクスプレス」。
      トム・ハンクスが声の出演をしているというドリームワークスCG映画です。
      ・・・人いないし。
      いや、そこそこは入っているけれど、そこそこしか入ってない。
      大抵、人気映画は全席指定で入場させるのに、自由席で、それでも充分いい席に座れてしまう程度の人数。
      日曜の夕方って、いつももっと混んでるのに・・・何故?

      そんな疑問を胸に抱きながらも見始めた映画ですが。
      ・・・あの人もこの人もその人も、全部トム・ハンクスのまんまじゃん!!
      いや、今回のこの映画の売りの一つは、トム・ハンクスが5役に挑戦!ということだったかと思うんですが。
      主役の少年はともかく、少年のパパも、急行号の車掌さんも、屋根の上のあの人も、北極のあの人も、どっからどう見ても聞いてもおんなじ人だーい(涙)。
      せめて表情とか、モーションキャプチャーが別の人だったらよかったのに〜。
      車掌はもろトムでもいいと思ったけど、皆が皆同じ風だとなんかね。
      物語の展開も、なんというか微妙でしたね。
      ストーリーがお約束でも、もっとこう演出の仕方があったんじゃないのかなーと。
      いや、結構感動的だし結構面白かったんですけどね。
      見ていてホロリと来る場面もあったんだけどー、うー。

      映像は結構よかったと思います。
      見ていて、遊園地に行ってジェットコースターに乗りたくなりました(笑)。
      でも、人物がリアル過ぎてなんか・・・怖いよ。
      何だか、アメリカのおもちゃ屋さんでよく見た赤ちゃんの人形を思い出しました(苦笑)。
      あそこまでリアルに子供を描くなら、いっそCGとSFXを駆使して実写でやっちゃった方が面白かったんじゃなかろうか。

      全体的に見て、これって日本では受けなさそうだなー、と思ってしまいました。
      客が少ないのも分かる気がするなー、口コミでも「是非見た方が」とはお世辞にも言えまい・・・。
      それとも、私が「鈴の音」の聞こえない大人だから純粋に楽しめないだけなのでしょうか(苦笑)。

      トム・ハンクス映画は、「ターミナル」に期待することにします。
      CGアニメは、「Mr.インクレディブル」を見るかな。

      posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      ハウルと愉快な仲間達(微妙にネタバレ・・・かも)。
      0
        土曜日は「ハウルの動く城」公開初日ということで、Jがチケットを取ってくれたので観に行ってきました。
        土曜だというのに仕事だったのですが、やることはさっさと片付けて、「用事があるので帰ります!」と17時には仕事場を後にしました。
        ・・・行ったの昼過ぎだったので、賞味4時間程しか仕事してません・・・まあいいさ、休みなんだから。

        映画館は銀座だったのに、何故か渋谷でJと待ち合わせ。
        銀座線で移動して、18時頃に銀座に到着。
        映画は19時からだったので、腹ごしらえ、と回転寿司屋へ。
        最近、銀座・日比谷界隈で映画を見る時はいつもこの回転寿司屋に行ってます。
        別に、その店が特別安いとか特別うまいとかってわけでもないんですけど。
        なんというか、まあ惰性ですかね(ちょっと違う気が)。

        と前置きはこれくらいにして、映画の話。
        前宣伝時の話題はやはりハウル=木村拓哉ってとこだと思いますが、まあ別段気にはなりませんでした。
        普通に、喋ってるなー、という感じで(苦笑)。
        いや、うまくはないと思うけどね、一本調子だし。
        でもそんなに馬鹿にしたもんでもないかな、と。
        ヒロインソフィーの18歳時の賠償さんはさすがに年齢的に厳しいんじゃない?という感じでしたね。
        90歳のソフィーは元気があってよかったと思うけど。
        宮崎映画はいつも、女性(特に婆さん)が元気で楽しいですね。
        荒野の魔女とか、ビバ美輪明宏(笑)って感じで。
        でも、毎度思うことながら、声の演技は声優に、せめて舞台役者にやらせるべきだよね・・・。

        今回はいつもにも増して、映像美、という感じでしたね。
        風景もいいけど、やはり動く城。
        なんか、ハウルが寄せ集めのガラクタで作った、いかにも子供の玩具って感じがして、楽しかったです。

        構成的には、全体的に詰め込みすぎなように感じました。
        詰め込んだせいで、全体的に描写、っつーか説明がイマイチ足りないというか。
        ヒロインにかけられた呪いがどうしてあんな状態なのかすごく分かりにくいし。
        何だろう、ハウルが脱いだりハウルが変身したり、腐女子心をくすぐるシーンは結構あった気はするけど(笑)、そんな描写はちょっとでいいっつーの。
        物語とか細かい演出とか、ヒロインのキスで呪いが解ける王子様みたいなベタなお約束(笑)とかは面白いんだけど、全体的にイマイチすっきりしない感じでした。
        折角題材がファンタジーで子供でも楽しめそうなのに、話を複雑にして分かりにくくしてしまったのは何でなんだろう、と思います。
        まあ、台詞で説明くさくなるのを嫌ってあえてやらなかったんだろうな、とは思いますが。

        樹の独断と偏見で評価するならば、千と千尋には及ばないけど、もののけよりはずっといい、くらいで(苦笑)。
        前情報から「これはきっと子供でも楽しめる単純明快ファンタジー映画に違いない」という思い込みで見に行ったのが失敗だったかな。。。←多分ラストがただのラブストーリーのハッピーエンドで終わったのが気に入らないだけ。
        ちょっと、原作を読んでみようかな、と思います。

        posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        前から思っていたけれど。
        0
          三谷幸喜はメディアに出過ぎだと思う。

          もとい。
          週末に、「笑の大学」を見てきました。
          三谷作品の笑いは好きなので、面白かったです。
          最後はそういうオチなのか、と思いつつ、ちょっと長いなーと感じたのは、樹がトイレに行きたかったからでしょうか(苦笑)。
          是非舞台の再上演をやって欲しいな、と思いました。
          役所&稲垣より、西村&近藤の方が絶対もっと面白いと思うなー。

          「ハウル」の新しい予告を見ました。
          今回もハウル出番なし?と思ったら、最後に一言。
          うーん、木村さんだ←当たり前。
          今回は、宮崎作品ファンと拓哉ファンと、両方が殺到するのでしょうか。
          早いうちに見に行きたいけど、黄色い声援とかあったらやだなー(苦笑)。

          posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          30年後のロボット事情。
          0
            映画「アイ,ロボット」を見てきました。
            マカー的には「なんで『i』やねん」と突っ込みたくなるタイトルですが、それはまあ置いておくことにして。

            主演のウィル・スミスといえば、宇宙人を素手で殴ったり宇宙人と一緒に仕事したり、とSFXでは宇宙人モノが印象に残っている人ですが。
            今回はロボットと対決ですよ。
            ストーリー展開はありがちで読めてしまったものの、テンポはよかったし、いつ人間に逆らうか知れないロボットの不気味さもよく出てたし、2035年という近未来のところどころに残る現代の名残の使い方も面白かったと思うけど・・・。
            主人公オートメール装備(違)なんて反則だよねー(笑)。
            #ネタバレなので↑反転してお読みください。
            後、ウィル・スミスはやっぱりもっとコミカルなキャラでいって欲しいっすね。
            影があって皮肉っぽい、そんな役も悪くはないですが。
            後、結構スラング連発しているのに、細かいところは当然字幕に乗り切らなくて全部カットされているのがもったいないですね、面白いこと言ってるのになー。
            まあ、これはどんな映画でもあることですが。

            舞台は2035年後という設定ですが、ホントに30年後にあんな世界になってるかなあ、と思うとちょっと疑問。
            そりゃ、部分的には実現してるだろうけど、人型ロボットが一家に1台、なんて時代はまだまだ先・・・だと、IT業界の人間がそんな夢のないこと言ってちゃ駄目ですかね(苦笑)。

            posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            定住する悪(直訳)。
            0
              今週末の映画は、「Resident Evil2」ことバイオ・ハザード2。
              9月11日公開!なんていう大々的な、それってどうなのよ、っていう予告を何度も見て、既にバイオハザードじゃないただのアクション映画だなあ、なんて思いながら、でもやっぱり見に行ってしまいました(苦笑)。

              午前中は仕事で、早く終わりたかったのに結局15時半過ぎまで作業して、「映画は16時半からだよ〜」というJからのメールに慌てて新宿へ。
              最近新宿多いなー、っていうか、渋谷で遊んでないね。
              まあ、あんな若者ばっかりウジャウジャいるところで遊んでても疲れるだけだからいいんだけど。

              それはさておき、お昼を食べてなかったのでロッテリアで腹ごしらえをして映画館へ。
              指定席、ど真ん中・・・やっぱり映画はそうでなくっちゃ(笑)。

              さて、以下微妙にネタバレなので気にしない人だけどうぞ。

              感想。
              やはりインパクトとかスリルとか、どうしても1作目には負けますね、続編のジンクスというやつで。
              でも、ゲーム3作目とリンクさせたという今回のストーリー、ゲームを知ってる人間としてはなかなか楽しめたかなー、S.T.A.R.Sメンバー達とか出して、にくい演出ですよね。
              ゲームにも出てくるジル・バレンタインが結構かっこよくて、主人公アリスと並んでダブルヒロインが活躍するアクションなんてなかなかですよね。
              中盤まではそんないい感じで展開してるのに、クライマックスの展開はなんとなくは読めていたけど、一番つまらない方向に持っていっちゃったなあ、という感じ。
              そして・・・これもまた続くんですね・・・。

              でも今回一番反則だと思ったのは、ネメシス登場よりも、アリス強すぎ・・・。
              まあいいか、ミラ・ジョボビッチだし(意味不明)。

              アクション映画は、いろんなツッコミどころをあえて無視して楽しむのが一番ですね←そんな結論かよ。。。

              posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              村の秘密。
              0
                Jがチケットを取ってくれたので、映画「ヴィレッジ」を初日に観てきました。
                「ヴィレッジ」は、「シックス・センス」「アンブレイカブル」「サイン」のナイト・シャマラン氏の監督・脚本・演出作品。
                「シックス・センス」は面白かったけど、後2作品は「何それ・・・」というオチだったので、期待半分で行ってきましたが。

                世間の評価はどうあれ、私は面白かったと思います。
                シックス・センスのような大どんでん返しなオチではなかったし、確かにストーリー的にはありがちな展開ではあったけれど。
                映画全体に伏線がちりばめられていて、それが最後にちゃんと繋がっていて、しっかり作ってあるなーと思いました。
                「シックス・センス」の時もそうだったけど、オチを分かった上でもう一度見返すと、1回目には気づかなかったことも見えてくるのかな、と思います。
                やっぱり謎はちゃんと明かされて終わらないと。
                ねえ、ヴァン・ヘル○ング(笑)←9/7の日記参照。

                あら捜しをすればツッコミどころは沢山あるとは思うけど。
                主人公、盲目なのに森の中走れ過ぎだよ!とか(笑)。

                今回のテーマは『愛』らしいです。
                人間ドラマが素敵です。
                映像もいいです。
                役者も、脇を固める名優達がすばらしいです。

                今回私は内容については予告編以外何の情報もなく見に行ったので、素直に入り込めたのかな、と思ってます。
                だから、まだ見ていなくてこれから見に行く人のために、映画の内容については触れません。
                どうしてもストーリーとか役者とか知りたい方はオフィシャルサイトへ行ってください。
                でも、多分何の情報もない方が面白いと思うけどねー。

                さて、次はバイオ2ですかね。

                posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                ヴァン・ヘルシング(ネタバレ注意)
                0
                  ※注:これから見に行こうと思っている方は読まない方がよろしいかと。

                  日曜日、頑張って早起き(?)して、小雨の振る中観に行って来ました。
                  モンスターハンター「ヴァン・ヘルシング」が、トランシルバニアのとある一族を救うため、ヴァンパイア一党と戦う、涙あり笑いありの愛と冒険の物語(笑)。
                  吸血鬼・狼男・フランケンシュタイン、とお約束なモンスター物というのも樹の興味を引いた理由ですが、なんといっても愛しのヒュー様(笑)ことヒュー・ジャックマン主演、これは見に行かないと嘘ですよね。

                  物語としてはいたって普通、ヒーローがヒロインを助けながら敵を倒す、というお約束なものでしたが、そのヒーローがカッコいい。
                  ロン毛でロングコートのヒュー様、素敵です(萌)。
                  でも、過去の記憶をなくしちゃってる辺り、ウルヴァリン(@X-MEN)とかぶってます(苦笑)。

                  モンスターの設定がイマイチ、細部が詰まってないかなあ、という感じでしたね。
                  狼男がなぜドラキュラの下についているのか、とか。
                  ドラキュラ伯爵に銀の杭と十字架が効かない理由は説明なし、とか。

                  ドラキュラとヴァン・ヘルシングが顔見知りで過去に何かあった、という設定で、因縁の対決という感じにしたかったのは分かりますが・・・全部謎のままかよ!
                  まあ、主人公の過去が謎のまま・・・=次回作に乞うご期待!ということなのでしょうか。
                  ヒロインがあんなことになっちゃったのも、次回に引っ張らないためかもなー、と考えると理解は出来ますが・・・ちょっと扱い酷いっす。

                  全体的に、面白いんだけど何かすっきりしないなー、という感じな映画でした。

                  さて・・・次はバイオハザード2かな?
                  それともヴィレッジ?

                  posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  映画のパロディって賭けですよね。
                  0
                    仕事が全然なくて暇だったので定時に帰って、Jと新宿で「シュレック2」を観に行ってきました。

                    実は樹は、1作目のラストが嫌いです。
                    だって、途中までは愛にルックスは関係ない、みたいな方向へ進みながら、最後は結局オーガ同士でくっつく話でしょ。
                    しかも、フィオナの台詞「I'm supposed to be beautiful.」・・・ふざけんな!と。
                    次のシュレックの台詞「You are beautiful.」で盛り上げよう、という意図は分かるけど、そりゃないんじゃないの?
                    やるなら最後まで姫は人間の姿で、シュレックはオーガで、それでhappy endになってこそ本物だろ!と何度突っ込んだことか。

                    ・・・まあ、続編とか考えて作ってるんだから仕方ないとは思うんですけどね。
                    それに、お姫様は美しくなければいけない、というお約束をやらない、という意図もあったんだろうな、っていうのも分かるんですけどね。
                    何か納得いかないよー。

                    って、1作目の悪口を書くのはこれくらいにして。
                    ストーリーはともかく、映画とか童話のパロディとしては面白かったので、その辺りだけ期待して2作目を観てきました。
                    以下微妙にネタバレしちゃうかもしれないのでこれから観ようという人は読まない方がいいかもです。

                    今回は前作に輪をかけて映画パロディ満載。
                    「ロード・オブ・ザ・リング」にはじまって、「スパイダーマン」「エイリアン」「ミッション・インポッシブル」「インディ・ジョーンズ」「E.T.」「ゴーストバスターズ」「フラッシュダンス」等々(他にもあれ?っと思った台詞とかシーンとかあったけど何だったか思い出せず)。
                    極めつけは、なんといっても「マスク・オブ・ゾロ」をパクった長靴を履いた猫cvアントニオ・バンデラス。
                    まんまじゃないですか。。。
                    そして、相変わらずというか輪をかけてというか、ディズニー出まくり。
                    あれって一応版権とか、許可取ってやってるんですよねえ。
                    よく許可降ろしますね、ディズニー。。。

                    今回面白かったのは、フィオナの故郷である「Far Far Away」の町並み。
                    ハリウッドとビバリーヒルズをそのまま使いましたって感じなのもいいけど、街にあるお店も実在するものをもじってる。
                    日本でもお馴染みなのはスタバとGAPとタワーレコードくらいかな?
                    ああ、Baskin Robinsも一応日本にあるか、「サーティーワン」という名前の方が有名だけど。
                    見つけられた以外にももっとありそうだなー、DVDが出たら間違い探ししよう(違)。

                    こんな感じで、ストーリーそっちのけで楽しんでしまいました。
                    ・・・だって・・・ストーリー展開丸見えなんですもの。。。

                    それにしても、映画とかディズニーとか全然知らない人は面白さ半減なんだろなー、と思うと、ちょっとかわいそうですね。
                    いや、そもそも映画とかディズニーとか観ない人はシュレックも観ないか。。。
                    日本ではイマイチ当たりにくい作品だなあ、という感はありますが、別に配給会社の人間でもないし、自分が面白かったからそれでいいや(ヲイ)。

                    余談ですが、「ハウルの動く城」の予告をやってました。
                    ・・・ハウルの声入ってねーし。。。
                    今月は後、「ヴァン・ヘルシング」と「バイオハザード2」も観ないとね。

                    posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    はりぽた3を見ましたよ。
                    0
                      昨日、Jと一緒にハリポタ3を観て来ました。

                      本当は、この週末は銀英三昧で原稿にどっぷり漬かる予定だったんですが、週半ばくらいからの樹の体調不良により全然原稿は進まず。
                      表紙原稿の下絵半分と、小説20行くらいをかいたところでストップ。
                      どうせ新作は無理だから、今までの総集編にして、1本書き下ろし、なんて考えていたのですが、それも無理っぽいので諦めました。
                      入稿延長して本文割増料金で印刷?そんな金はないデス。。。

                      そんなわけで、すっかり開き直って諦めたので、昨日はお昼頃からふらっとお出かけ。
                      そういえばハリポタまだ観てないじゃん、ということで、銀座っつーか有楽町の映画館へ。
                      字幕の上映が夕方までなかったので、席だけ確保してブラブラとお買い物。
                      家電屋を覗いたり、インポートブランドショップで鞄とか時計とかアクセを眺めたり。
                      途中、甘味屋さんを見つけて休憩。
                      あんみつなんて、久しぶりに食べました。
                      餡子がちょっと甘かったなー。

                      時間に余裕を持って映画館へ。
                      公開されて結構たつけど、まだまだ人気ですね、さすがに。
                      内容は、監督が変わったということで賛否両論あるみたいですが、いや、面白いジャン、という感じ。
                      相変わらずハーマイオニーは可愛いし(笑)。
                      ロンの活躍の場がなくて、ちょっと寂しいかなあ、と。
                      それにしても、3人ともなんかすっかり育っちゃって・・・やっぱだんだん厳しくなっていくのでしょうか、続投は。
                      できればキャストはずっと変えないで欲しいけど、どうなるんですかねえ。

                      それはおいといて、今回の一押しはやっぱりシリウス=奇才ゲイリー・オールドマン=ブラックですよ(笑)。
                      なんつーか、この人程イッちゃってる役が似合う役者もそうそういないですよね←言っておきますが、ファンですよ。
                      「フィフス・エレメント」のゾーグ役はあまりにも有名(?)ですけどね、私は個人的に、「ロスト・イン・スペース」の彼が好きです。
                      駄作だと言われている映画ですが・・・あまりの馬鹿馬鹿しさが面白いです。
                      オールドマン氏の情けなさが最高です←くどいようですがファンですよ。
                      それに比べると、今回の役どころは・・・最後がちょっと弱いですね、普通過ぎて。
                      弱いといえば、「レオン」の彼もちょっと弱かったなあと←だからファンなんですってば。。。

                      あれ、ハリポタの話はどこへ。。。
                      今回はねー、他にも、狼男とか、犬に変身とか、いろんなところをくすぐられてしまった一作でした(笑)。

                      さて、次は何見よう。
                      スパイダーマン2?
                      キングアーサー?
                      シュレック2も観ないとね。

                      posted by: 樹@管理人 | エンタメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |